情報・制御ソフト開発のエンジニア

Software

情報・制御ソフト開発エンジニアの業務内容

 コンピュータに情報の処理をさせるための命令(ソフトウェアを構成するプログラム)を作成する仕事です。機械を制御するプログラムの作成では、ハードウェアの基本的な知識があると幅広く活躍することができます。業務系、情報系、通信系といったシステム分野別に、ネットワーク、OSなどの基本技術が異なるため、それぞれのスキルや業務知識が必要となります。また設計に携わる業界の専門知識を理解することも大切です。

 近年、情報・制御分野は幅広いスキルを必要としています。業務系では汎用機系からインターネットサイトの開発、モバイルの基本ソフト開発など、あらゆる分野で情報・制御ソフト開発のエンジニアは必要とされています。また、業務設計、アプリケーション、ネットワーク、データベースなどあなたのスキルが活かせる方向性があります。今後、どのようなエンジニアになっていきたいのかを含めてOSPはスキルアップの環境を提供します。

情報・制御ソフト開発エンジニアの具体的な仕事内容

・マイコン制御ソフト
・画像処理ソフト
・デバイスドライバーソフト
・ICテストプログラムソフト
・FAプロセス制御ソフト
・計測制御ソフト
・通信システム制御
・イントラネットシステムソフト
・ネットワーク管理システムソフト
・ERPシステムソフト
・マンマシンインターフェースソフト
・ナビゲーションシステムソフト
・CADシステムソフト
・DBシステムソフト

情報・制御ソフト開発エンジニアの紹介

鶴田 智明

 基板動作確認、データモニタリングソフト製作、工程で使用する書き込みソフト製作、 CPUブート部分のファーム製作等を担当しています。
 自分の知らない難しい仕様、知らない仕組みなどを調べながら、自分が設計したソフトが無事稼動する時にやりがいを感じています。